借りやすいカードローンって実際どこ?

カードローンを利用する場合、どこが最も借りやすいかを必ず考えると思います。

 

カードローンを利用する人は様々で、会社員もいればアルバイトで生計を立てている人、パートで生活をしている人、学生の人、専業主婦で収入が無い人等もいると思います。

 

多くのカードローンでは、専業主婦の人の利用はダメだとか、収入が有っても学生はNGといったように全ての人が利用できるカードローンはなかなか見つけることが出来ません。

 

しかしセブン銀行が行っているカードローンは、専業主婦でも学生でも利用できるため、非常に利便性が高いカードローンだと言えるでしょう。なにより銀行が行っているサービスのため、安心して利用することが出来ますし、セブンイレブンのATMで利用可能なので非常に使い勝手が良いと言えます。

 

審査基準は満20歳以上70歳未満の人であれば利用が可能になっています。学生でも20歳になっていれば利用できると言うことです。年齢の上限も70歳までと非常に高いため、年金生活を行っている高齢者の方も利用が可能です。

 

セブン銀行カードローンを利用する場合、セブン銀行の口座を保有しておくことが条件となっていますが、もし無い場合でも同時申し込みが出来るため問題なく申し込みが出来るでしょう。

 

審査の段階在籍確認が無いと言うのもセブン銀行カードローンの大きな特徴です。収入証明書の提出も不要ですし、早ければ10分程度で審査完了になるスピーディさも魅力です。

 

初めて申し込んだ場合に利用できる金額は10万円と低目ですが、このことが専業主婦や学生でも利用できる理由となっています。6ヶ月間問題なく返済を行なえば増額も可能になりますし、最大で50万円までの融資が可能になるため借りる金額で困ると言うこともあまりないのではないでしょうか。

 

金利に関しては15%と消費者金融よりも低い設定ですから、金利面でも非常にメリットがあると思います。webからの操作で簡単に申し込み可能ですから、少額の融資が必要な場合にはセブン銀行カードローンを利用してみると良いのではないでしょうか。

 

複数のキャッシング業者に同時申し込みをする事は可能ですが、確実に借り入れたいならば避けましょう。

 

キャッシング業者からお金を借り入れたい時、確実にお金を借り入れたいからと複数の会社に申し込んでしまいたくなるのも無理はありません。沢山のキャッシング業者に申し込みをすれば、どこか一社くらいは審査に通過するだろうと思ってしまいます。

 

しかし、キャッシング業者が共有している情報により、複数同時申し込みの情報は露呈してしまうのです。一度に複数のキャッシング業者に申し込みを行なうと、キャッシング業者側からすると余程お金に困っているのだろう、複数のキャッシング業者からお金を借り入れるならば当社に返済をしてくれる可能性が低くなってしまう、と警戒してしまいます。

 

複数のキャッシング業者から借り入れを行なう行為は多重債務にもなってしまいます。

 

多重債務者はお金に困っており、借り入れては返済をと自転車操業状態です。そんな利用者にお金を貸し出すよりも、きっちりと一社のみに申し込みを行なう、余裕のある利用者にお金を貸し出したいですよね。

 

時間に余裕を持って、一社ずつ申し込みをするのが理想的です。

 

早くお金を借り入れたいからと一度に闇雲に沢山の業者に申し込みをしてしまっては、下手な鉄砲も数うちゃ当たるどころか、裏目に出てしまうのです。複数社に申し込みたくとも、せいぜい2社程度までにしておきましょう。

 

審査に落ちてしまったら、間を開けてまた他の業者に申し込めば良いのです。

 

申し込みをしても落ちてしまったらどうしよう、との不安を避けるために、お金が必要なくとも予めキャッシング業者と契約をしておく方法があります。契約だけならば無料の業者が殆どであり、契約後はお金を借り入れずともカードを持っておくだけで良いのです。

 

お金が必要になったら、審査の必要なく手持ちのカードでお金が借り入れできて便利です。

審査の在籍確認の際には、キャッシング業者側は金融機関だと名乗らないためにまずバレる事は無いのですが、勘が良い社員が在籍確認の電話を受け取った際、バレてしまう事もあるのです。

 

在籍確認の電話は一般的にはこのようにシンプルとなっています。

「○○さんはいらっしゃいますか」
「いいえ、只今外出中です」
「そうですか。それでしたら○○さんの携帯電話に掛けます。失礼しました」

一見、仕事の都合の電話を掛けて来たのだろうかと思いますが、金融業者側が名乗らないために怪しんでしまう社員もいるのです。

 

普段からお金に困っている雰囲気がある申込者の場合、特に勘付かれやすいです。

 

毎日のように電話を受け取っている受け付け社員の場合、金融機関からの電話には気付いてしまう事もあります。金融機関で働いていた経験のある人物も気付きやすいです。

 

在籍確認の電話から借金がバレる事を防ぐ方法としては、在籍確認の必要が無いキャッシング業者から借り入れる、自分で在籍確認の電話を取るなどです。

 

在籍確認の必要が無いキャッシング業者は存在しますし、大手のキャッシング業者は電話をする時間帯を指定できます。自分が会社におり電話を取られる状態の時間帯に指定すれば、他人に電話を取られてしまう可能性を低くできます。

 

しかし、在籍確認から借金をしていると悟られてしまっても、確認をする方法はありませんし、もし借金をしているのだと思われても、他人に吹聴する社員はまずおりません。

 

金融機関から在籍確認の電話が着たからあの人はお金に困っているのだ、なんて吹聴する人物は信用に値しないとされてしまいますし、悪口をいっているようにも見受けられ他人からの評価が下がってしまいます。

 

日常的に電話を受け付けている受け付け社員であれば、金融機関からの在籍確認の電話には慣れっこ、今更借金をしているのだと騒ぎ立てる事はありません。あまり心配をする必要も無い要素です。

金融業者でお金を借りたい場合に、カードローン審査に通過してキャッシングやローンによる借金が可能になります。この審査に通過する為には返済能力を認めてもらう必要があり、返済能力を認めてもらう事によって信用を担保にして借り入れが可能になります。

 

そこで返済能力というものは何で判断されるかというと、年齢や収入を前提にして細部の審査を行っていく事になり、殆どの業者では成人以上で何かしらの収入の流れを持っている事が必要になります、もちろん無職無収入では審査に通りません。

 

そこで無職無収入状態の専業主婦の場合キャッシングが利用出来るかどうかというと、条件さえ満たせば借り入れが可能になっており、配偶者との婚姻関係を示し、収入証明書を提示する事によって審査を行ってもらえます。

 

配偶者が審査クリア基準に達していれば専業主婦でもカードを発行してもらい、利用枠に応じてキャッシングが可能と言う事になります、配偶者の返済能力に疑問があれば審査に通りませんから、仮に配偶者がすでに複数社のカードを持っていて借り入れを行っていたり、借金歴が悪くて返済時トラブルを抱えた事があった場合等は審査に通りません。

 

成人以上で一定期間勤めており、借金が多く無く、過去の返済歴でトラブルが無ければ融資枠に応じてキャッシングの審査に通過する可能性は高いです。

 

専業主婦は家計を預かっている事が多く、急な出費に対応しなければならない状況も起こりえます、そういう時にキャッシングが可能な状況を作っておくと、何かあっても金銭的な対応が出来ますし、計画的にキャッシング活用する事は専業主婦の生活をサポートしてくれる事になります。

 

もちろん借金を行うと利息をつけて返す必要がありますから、配偶者とお金を使う用途を相談して返済する見通しをつけた上でキャッシングを行う事が望ましいですし、キャッシング返済で遅延をしたりすると信用情報に傷がつくので計画的な利用を行いましょう。

銀行カードローンは、消費者金融や信販会社のように借入制限のある総量規制対象外になっているので、多額のキャッシングには大変便利なツールです。ただ余りにも現在の債務残高が多い場合は、新規契約の審査落ちの要因に該当する可能性があるので注意が必要です。

 

また借入金額がそんなに大きくなくても、何社もまたがって借入を行っている場合は、件数過剰と見なされて、審査落ちするケースにもなります。カードローン審査にギリギリ通る借入件数の目安としては、なるべく2,3件に留めておく事を心掛けないといけません。

 

なぜ件数が多いと不利になるか?ですが、金融機関はまず申込者に対して自転車操業を疑い、件数が多い分だけ返済負担が大きくなると考えるので、行く行くは返済不能に陥る可能性があると勘ぐってしまうのです。

 

また、以前借入した先での返済遅延の記録がない事も、カードローン審査には大きく影響を与えます。僅かな期間でも返済遅延があると、個人信用情報に少なからず遅延記録が記載されてしまい、審査で個人情報を照会した金融機関側に大きなイメージダウンを与えかねません。

 

こうした返済遅延は、カードローンだけでなく、クレジットカードなどの審査でも不利になるのは間違いないので、最初から頭に入れておきましょう。

 

そして、過去に債務整理した履歴がある場合も、カードローン審査に通るのは非常に困難です。

 

特に自己破産や個人再生などの債務整理歴が残ってしまうと、5〜7年間は余裕で個人情報機関の記録に残るので、その期間はカードローンを契約できなくなります。しかし一定期間が過ぎれば、個人情報がクリアされ、その時点で安定した職に就いていれば、再びカードローンを利用できる可能性はあります。

 

もう1つ、カードローンの審査落ちするケースで意外に多いのは、同一会社での勤続年数の短さです。特に新入社員や転職して時間が経っていない人は要注意で、勤続年数が1年未満ですと、まず融資審査で撥ねられるリスクが高いです。

 

勤続年数で審査落ちが心配な人は、まだ銀行より審査のハードルが低い消費者金融のキャッシングを利用して、ある程度仕事でのキャリアを積んでから、改めてカードローンの審査にトライしてみる事をお勧めします。

 

このようにカードローンの審査について事前知識を深めておくだけでも、審査に臨む心構えが変わってくるので、今後失敗しないように是非覚えておきましょう。

カードローンを借りる場合、最低限決められた審査の基準というものが存在しています。収入が安定している、定職についている、年収が一定額以上あるなど申込できる基準は金融業者によって様々あるでしょう。

 

しかしどの金融業者でも必ず決められているのが年齢制限という項目です。これは借りる人の年齢を制限することで、返済不可に陥ったりすることを禁止するという意味合いもあるようで、必ず年齢の制限は設けられています。

 

ほとんどの業者が満20歳以上の人を対象に貸付を行っているのは、未成年にはお金を貸さないという制限を設けているからでしょう。未成年の場合定職についていない場合が多く、収入が安定しているとは言いがたいですしなにより成人していない場合は社会人としての信用もないと見なされてしまうからかもしれません。

 

学生の場合でも、成人していれば申込可能になる金融業者が多いですから、成人していると言うことが一定の審査基準として重要視されているのでしょう。

 

それと業者によって多少の差はありますが、年齢の上限も決められています。

 

ほとんどの業者が65歳以下の人しか申し込みを出来ないように定めています。これは65歳を超えた場合、収入が年金のみになる場合が多いため、収入が安定しているとは言い難くなりますし、年金生活=定職についていないという扱いになるため、年齢の制限をしているのだと思われます。

 

もし65歳を越えて働いていたとしても年齢の制限絶対ですから、収入が安定していることは関係なく申し込みは出来なくなってしまいます。

 

中には年齢の上限を65歳以上に設定している業者もあるようですから、全ての業者で65歳以上はダメというわけでも無いようです。もし年齢が越えていてカードローンを利用したい場合には、年齢制限が高い業者を調べて申し込むと利用が可能になるでしょう。

 

未成年の場合にも、親の承諾があれば利用できるカードローンが存在していますから、どうしてもカードローンを利用しなければいけない理由がある場合には、親に相談した上で申し込みを行うと良いのでは無いでしょうか。

 

キャッシングでは誰でもお金を借りれるの?

 

答えはNOです。
誰にでもお金を貸し付けていたらキャッシング機関はお金の回収が難しくなってしまいます。

 

キャッシングを利用できる人物は基本的に20歳以上であり、安定した収入を得ている人物です。20歳未満ですと判断力が無いために無闇に大金を借り入れてあっと言う間に返済不能になってしまいますし、中高生がお金を借り入れても返済のための工面に困ってしまいます。

 

無職の人物がお金を借り入れても、働いていないために返済ができるわけがありません。最低でも20歳以上であり、アルバイトでもパートでも良いのでお金を稼いでいることが条件となります。

 

無職、未成年、というだけでキャッシング機関からは門前払いされてしまいます。

 

住居が無い、電話を持っていない人物もまず借り入れは不可能です。住居が無い、電話が無いとなると信用できないためです。安定した住居を持っていないためにお金を借り入れたまま、どこかへ行方をくらましてしまう可能性だってあるのです。

 

電話が無ければ借り入れについての連絡が取れませんし、電話を持っていないとなるとまともな社会生活を送っているとも思えません。まれに、他人の身分を偽って借り入れをする人物もおりますので、キャッシング機関は審査に慎重になっています。

 

過去に金融事故を起こした、総量規制以上に借り入れている人物も借り入れができない可能性が高くなってしまいます。20歳以上であり働いておれば大抵の人物が借り入れ可能となります。

 

70歳、80歳と高齢になると貸し付けてくれないキャッシング機関も出てきます。

 

高齢者であるために収入が少ない、働こうにも働き先が無い、借り入れたまま寿命や病気で亡くなられてしまってはお金が回収できずに困ってしまうためです。

 

自分が借り入れできるかどうか分からない人は、キャッシング機関に電話で尋ねてみたり、まずは申し込みをしてみると良いでしょう。申し込みを行なうと、意外にもすんなりと審査に合格するかもしれません。