カードローンって誰でもお金を借りれるの?

キャッシングでは誰でもお金を借りれるの?

 

答えはNOです。
誰にでもお金を貸し付けていたらキャッシング機関はお金の回収が難しくなってしまいます。

 

キャッシングを利用できる人物は基本的に20歳以上であり、安定した収入を得ている人物です。20歳未満ですと判断力が無いために無闇に大金を借り入れてあっと言う間に返済不能になってしまいますし、中高生がお金を借り入れても返済のための工面に困ってしまいます。

 

無職の人物がお金を借り入れても、働いていないために返済ができるわけがありません。最低でも20歳以上であり、アルバイトでもパートでも良いのでお金を稼いでいることが条件となります。

 

無職、未成年、というだけでキャッシング機関からは門前払いされてしまいます。

 

住居が無い、電話を持っていない人物もまず借り入れは不可能です。住居が無い、電話が無いとなると信用できないためです。安定した住居を持っていないためにお金を借り入れたまま、どこかへ行方をくらましてしまう可能性だってあるのです。

 

電話が無ければ借り入れについての連絡が取れませんし、電話を持っていないとなるとまともな社会生活を送っているとも思えません。まれに、他人の身分を偽って借り入れをする人物もおりますので、キャッシング機関は審査に慎重になっています。

 

過去に金融事故を起こした、総量規制以上に借り入れている人物も借り入れができない可能性が高くなってしまいます。20歳以上であり働いておれば大抵の人物が借り入れ可能となります。

 

70歳、80歳と高齢になると貸し付けてくれないキャッシング機関も出てきます。

 

高齢者であるために収入が少ない、働こうにも働き先が無い、借り入れたまま寿命や病気で亡くなられてしまってはお金が回収できずに困ってしまうためです。

 

自分が借り入れできるかどうか分からない人は、キャッシング機関に電話で尋ねてみたり、まずは申し込みをしてみると良いでしょう。申し込みを行なうと、意外にもすんなりと審査に合格するかもしれません。