カードローンの年齢制限は?何歳まで?

カードローンを借りる場合、最低限決められた審査の基準というものが存在しています。収入が安定している、定職についている、年収が一定額以上あるなど申込できる基準は金融業者によって様々あるでしょう。

 

しかしどの金融業者でも必ず決められているのが年齢制限という項目です。これは借りる人の年齢を制限することで、返済不可に陥ったりすることを禁止するという意味合いもあるようで、必ず年齢の制限は設けられています。

 

ほとんどの業者が満20歳以上の人を対象に貸付を行っているのは、未成年にはお金を貸さないという制限を設けているからでしょう。未成年の場合定職についていない場合が多く、収入が安定しているとは言いがたいですしなにより成人していない場合は社会人としての信用もないと見なされてしまうからかもしれません。

 

学生の場合でも、成人していれば申込可能になる金融業者が多いですから、成人していると言うことが一定の審査基準として重要視されているのでしょう。

 

それと業者によって多少の差はありますが、年齢の上限も決められています。

 

ほとんどの業者が65歳以下の人しか申し込みを出来ないように定めています。これは65歳を超えた場合、収入が年金のみになる場合が多いため、収入が安定しているとは言い難くなりますし、年金生活=定職についていないという扱いになるため、年齢の制限をしているのだと思われます。

 

もし65歳を越えて働いていたとしても年齢の制限絶対ですから、収入が安定していることは関係なく申し込みは出来なくなってしまいます。

 

中には年齢の上限を65歳以上に設定している業者もあるようですから、全ての業者で65歳以上はダメというわけでも無いようです。もし年齢が越えていてカードローンを利用したい場合には、年齢制限が高い業者を調べて申し込むと利用が可能になるでしょう。

 

未成年の場合にも、親の承諾があれば利用できるカードローンが存在していますから、どうしてもカードローンを利用しなければいけない理由がある場合には、親に相談した上で申し込みを行うと良いのでは無いでしょうか。