カードローンの審査に落ちた…何で?

銀行カードローンは、消費者金融や信販会社のように借入制限のある総量規制対象外になっているので、多額のキャッシングには大変便利なツールです。ただ余りにも現在の債務残高が多い場合は、新規契約の審査落ちの要因に該当する可能性があるので注意が必要です。

 

また借入金額がそんなに大きくなくても、何社もまたがって借入を行っている場合は、件数過剰と見なされて、審査落ちするケースにもなります。カードローン審査にギリギリ通る借入件数の目安としては、なるべく2,3件に留めておく事を心掛けないといけません。

 

なぜ件数が多いと不利になるか?ですが、金融機関はまず申込者に対して自転車操業を疑い、件数が多い分だけ返済負担が大きくなると考えるので、行く行くは返済不能に陥る可能性があると勘ぐってしまうのです。

 

また、以前借入した先での返済遅延の記録がない事も、カードローン審査には大きく影響を与えます。僅かな期間でも返済遅延があると、個人信用情報に少なからず遅延記録が記載されてしまい、審査で個人情報を照会した金融機関側に大きなイメージダウンを与えかねません。

 

こうした返済遅延は、カードローンだけでなく、クレジットカードなどの審査でも不利になるのは間違いないので、最初から頭に入れておきましょう。

 

そして、過去に債務整理した履歴がある場合も、カードローン審査に通るのは非常に困難です。

 

特に自己破産や個人再生などの債務整理歴が残ってしまうと、5〜7年間は余裕で個人情報機関の記録に残るので、その期間はカードローンを契約できなくなります。しかし一定期間が過ぎれば、個人情報がクリアされ、その時点で安定した職に就いていれば、再びカードローンを利用できる可能性はあります。

 

もう1つ、カードローンの審査落ちするケースで意外に多いのは、同一会社での勤続年数の短さです。特に新入社員や転職して時間が経っていない人は要注意で、勤続年数が1年未満ですと、まず融資審査で撥ねられるリスクが高いです。

 

勤続年数で審査落ちが心配な人は、まだ銀行より審査のハードルが低い消費者金融のキャッシングを利用して、ある程度仕事でのキャリアを積んでから、改めてカードローンの審査にトライしてみる事をお勧めします。

 

このようにカードローンの審査について事前知識を深めておくだけでも、審査に臨む心構えが変わってくるので、今後失敗しないように是非覚えておきましょう。