在籍確認の審査で会社に借金がバレる?

審査の在籍確認の際には、キャッシング業者側は金融機関だと名乗らないためにまずバレる事は無いのですが、勘が良い社員が在籍確認の電話を受け取った際、バレてしまう事もあるのです。

 

在籍確認の電話は一般的にはこのようにシンプルとなっています。

「○○さんはいらっしゃいますか」
「いいえ、只今外出中です」
「そうですか。それでしたら○○さんの携帯電話に掛けます。失礼しました」

一見、仕事の都合の電話を掛けて来たのだろうかと思いますが、金融業者側が名乗らないために怪しんでしまう社員もいるのです。

 

普段からお金に困っている雰囲気がある申込者の場合、特に勘付かれやすいです。

 

毎日のように電話を受け取っている受け付け社員の場合、金融機関からの電話には気付いてしまう事もあります。金融機関で働いていた経験のある人物も気付きやすいです。

 

在籍確認の電話から借金がバレる事を防ぐ方法としては、在籍確認の必要が無いキャッシング業者から借り入れる、自分で在籍確認の電話を取るなどです。

 

在籍確認の必要が無いキャッシング業者は存在しますし、大手のキャッシング業者は電話をする時間帯を指定できます。自分が会社におり電話を取られる状態の時間帯に指定すれば、他人に電話を取られてしまう可能性を低くできます。

 

しかし、在籍確認から借金をしていると悟られてしまっても、確認をする方法はありませんし、もし借金をしているのだと思われても、他人に吹聴する社員はまずおりません。

 

金融機関から在籍確認の電話が着たからあの人はお金に困っているのだ、なんて吹聴する人物は信用に値しないとされてしまいますし、悪口をいっているようにも見受けられ他人からの評価が下がってしまいます。

 

日常的に電話を受け付けている受け付け社員であれば、金融機関からの在籍確認の電話には慣れっこ、今更借金をしているのだと騒ぎ立てる事はありません。あまり心配をする必要も無い要素です。